飢饉

飢饉(ききん、英: Famine)とは、何らかの要因により人々が飢え苦しむことを指す。
狭義においては、一地域における死亡率を急激に上げるような極端な食料不足の事態を指すことが多い。
主食とする農産物の大規模な不作を契機とする場合が多い。
以上、wiki参照

江戸時代の4大飢饉など、日本でも大きな飢饉というのは、結構起きている。
現在の農業技術の発達や輸送技術の発達により、昔よりは飢饉というのは
起きにくい状況のはずなのに、アフリカとかではまだ食料不足による
飢饉などが起こっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です